忍者ブログ
tohruによるレビューブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


a000002.jpg

Hats

大人の静かな抒情を
心地良くも湛えたような音だ。
それは飾り気のないロマンティズム
であり、都会に生きる詩でもある。

この音に魅了される人たちは、
これからも増え続けることだろう。







PR

a000001.jpg

The SUNDAYS

やはり今聞いても、ザ・サンデイズの曲は、
ハリエットの歌声とともに、新鮮で素晴らしい。





名盤であるファーストアルバムからの曲である。




000021.jpg

SWEETS HOUSE~for J-POP HIT COVERS~


J-POPの有名な曲をハウスに
アレンジした、カヴァーアルバム。

真摯で、心に届くようなボーカルだと思った。
やはり彼女には、オリジナル曲を切に願う。

Naomile


000017.jpg

  ラヴレス

昔、輸入レコード店でジャケ買いしてから、
その夢幻とも深遠とも言える音の洪水に、
ただただ魅了され、今でも聴き続けている名盤。

ブログ「あの時、あの場所で」で、
私が撮り続けている写真たちも、
このアルバムからの影響もあるかもしれない。

000018.jpg

Tremolo

現在でも入手可能なEPも、
ミニアルバムといった感じで、
完成度は、かなり高い。




そのEPの収録曲、「Swallow」。




000013.jpg

アイドルワイルド(紙ジャケット仕様) 

EBTGの良さが詰まった傑作アルバム。

コマーシャルソングでもなく、コンビニソングでもない、
ひとり、またはふたりで、
じっと耳を傾けて聴き入るようなアルバムだ。

アルバムの終わりに流れる、
「エプロン・ストリングス」の余韻も素晴らしい。
名曲である。

000009.jpg

ピラー・オブ・ソルト 

ヨーロッパの黄昏と憂鬱を
浮遊感のある音の波に変えて、
ひたすら漂うかのような甘美なヴォーカル。

フォスフォラスは、
ほの暗さと気品を称えた、
ロマンティックなユニットであった。

000008.jpg

ワイド・アングル

まるでオーケストラのように深遠な
Hybridの音空間のなかで、独特の緊張感と
存在感を湛えつつも、浮遊しているような歌声は、
『ツイン・ピークス』で一躍有名になった、ジュリー・クルーズ。

5曲目の ドリーミング・ユア・ドリームは、
私の愛聴曲である。 
夜明けの瞬間とか、水平線や地平線の彼方にある、
現世界から異世界への移行を想像させてくれる。

000006.jpg

Rumskib

最近、HMVでジャケ買いしてから、
気に入って聴いている一枚。

デンマークのバンドの
ファースト・アルバムである。

コクトー・ツインズの影響を受けつつも、
独創的なものを生み出すことに成功している。

RUMSKIB

000001.jpg

Blue Bell Knoll(紙ジャケット仕様)


おそらく、この世の中に存在するバンドなかで、
私の感性と一番近いものを奏でている。

それだけにアルバムからシングル、
完全限定発売のボックスセットまで、すべて持っていて愛聴している。


その独特な音楽世界と見事にマッチしている
23エンヴェロープのアートワークも魅力的だ。

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
tohru
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
リンク
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]